ある臨床検査技師の告発<新型コロナとワクチンについての情報を提供します1> 

こんにちは、今日も素敵な天気ですねぇ〜💕

 

春ですね〜🌺

 

みなさんはとってコロナウィルスの一連の騒ぎをどのようにとらえていらっしゃいますか?

 

『いやぁ〜みんなマスクでウィルス対策ができるとかほんとに思っているんだ・・・』

と側方みてましたが、本気で信じている方がまだいっぱいいるみたいです。

 

マスク、時短、自粛という言葉が並んでいます。

 

何をしたいだろう・・・・・と思います。

 

正直、私には意味がわかりません。

 

ただの風邪なのに・・・・・(笑)

 

みなさんは、一連の騒ぎの中でご自身で調べられたりしましたか?

 

テレビや小池さんや吉村さんや日本政府の話を鵜呑みにしてませんか?

 

気づく人が気づけばいいと思っていましたが・・・・・

 

ところで・・・・・みなさんテレビが言っていること鵜呑みにしてませんよね?

 

 

みなさん、自分で調べてみましたか?

 

 

風の時代のテーマである情報は、

自主性、主体性、自己責任が伴う情報です。

 

まわりがこう言っているから

まわりがやっているから

地の時代の今までは機能してました。

 

が、この先の風の時代に

この依存的な立ち位置でいる

とこの先痛い目をみますよ(笑)

 

すべては自己責任の時代になりました。

 

この行動を起こすということはどういうことなのか・・・・・

しっかりご自身で意識してみてください。

 

まぁ〜みなさんお忙しいとも思いますし、

自分なりに参考になる記事などいろんなことを

追々記事にしていきたいと思います。

 

 

今回は<ある臨床検査技師の告発>についての記事です。

 

ご判断はお任せいたします。

 

が、言っていることはその通りだなぁ〜と思ってます。

 

   <ある臨床検査技師の告発>

https://joerizoliopinions.onlinegroups.net/groups/joe-rizoliopinions/messages/topic/5TCwkDUfl9Q9h0OpKZKf0E

私は臨床検査技師です。

私は、ウイルス学と免疫学の博士号を持っています。

私は臨床検査技師であり、ここ南カリフォルニアで採取された1500個の陽性と思われるCovid 19サンプルを検査しました。

コッホの仮説とSEM(走査型電子顕微鏡)での観察により検査を行ったところ、1500個のサンプルからコビットは検出されませんでした。

その結果、1500のサンプルのすべてが、ほとんどがインフルエンザAで、一部がインフルエンザBでした。

B型であったが、Covidは1例もなく、B.S.PCRテストは使用しなかった。

PCR検査を行いました。

その後残りのサンプルをスタンフォード大学、コーネル大学、カリフォルニア大学のいくつかの研究室に送ったところ、私たちと同じ結果が出ました。

COVIDは検出されませんでした。

インフルエンザAとBが見つかったのです。

CDCはサンプルを持っていないので提供できないと言いました。

私たちは、すべての調査と研究の結果、

『COVID 19は架空のものである』

という結論に達しました。

そのインフルエンザはコヴィドと呼ばれ、22万5千人の死者のほとんどは、心臓病、癌、糖尿病、肺気腫などの併発疾患で死亡しており、その後、インフルエンザに感染して免疫力がさらに低下して死亡したのです。

コビット19のサンプルはまだ1つも見つかっていません。

この1500個のサンプルを実験室でテストした7つの大学の私たちは、

Covid 19の詐欺行為でCDCを訴えています。

CDCはいまだにCovid 19の生存する分離精製されたサンプルを一つも送ってきていません。

もし、彼らが実行可能なサンプルを送れない、あるいは送ろうとしないのであれば、私は「Covid 19」は存在しない、架空のものだと言います。

Covid 19ウイルスのゲノム抽出物について記述している4つの研究論文は、サンプルの分離・精製に成功したことはない。

Covid 19について書かれた4つの論文には、37から40塩基対の長さしかない小さなRNAが記載されているだけで、これはウイルスではありません。

ウイルスのゲノムは、通常30,000から40,000塩基対です。

コヴィドは世界中で悪さをしていると言われているのに、世界中の研究室で誰もこのウイルスを完全に分離・精製していないのはなぜだろう?

それは、ウイルスを発見したことがないからです。

これまでに発見されたのは、小さなRNAの断片だけで、いずれにしてもウイルスであることは確認されていません。

つまり、私たちが対処しているのは、毎年のように別のインフルエンザ株であり、COVID19は存在せず、架空のものなのです。

私は、中国とグローバリストがこのCOVIDのデマ(新型ウイルスに偽装したインフルエンザ)を仕組んだのは、世界的な専制政治と世界的な警察による全体主義的な監視国家を導入するためであり、この計画にはトランプを打倒するための大規模な選挙詐欺も含まれていると考えています。 (本件、DeepL翻訳)

新型コロナウイルスを誰もどこも分離していないので、この臨床検査技師の主張を誰も否定できない。

 

実は、コロナウィルス自体を分離してウィルス単体として発見した事例はまだありません。

 

ドイツではcovid19のウィルス自体の存在を証明することに

1億3千万円の懸賞金がかかっているんですよ〜!

 

でもですねえ〜誰も提出してこないんです。

 

東大や国立感染症研究所は分離に成功したって以前言ってました。

 

なんで、提出しないんでしょうか?

 

謎だと思いませんか?(笑)

 

こんな話をすると・・・・・

 

テレビなどからしか情報のない方はびっくりします。

 

だってテレビではあることを前提に話をしているからです。

 

私は医者でもありません。

 

科学者でもありません。

 

様々な発表されている情報からフラットにみているつもりです。

 

今回の一連のウィルス騒ぎは、

いくつかのウソが混ざって

ストーリーができています。

 

この全体像を理解しないとわからないかもしれません。

 

何人かの方に話もしましたが、

マスク教の方々に、

マスクなどに対する否定的な話をすると、

烈火のように怒りはじめる方が多いなぁ〜

ということに気がつきました。

 

どうもせ○のうもかかっているような気がします。

テレビって怖いですね。

 

そして、日本政府は、

どうもワ○○ンの強制摂取を本気でやろうとしているみたいで、

個人的にもそうも言ってられなくなってきました(笑)

 

様々な情報をキャッチしてご自身で判断されることを強くオススメします。

 

特に、今回のワクチンは要注意です。

 

後戻りができないとも言われています。

 

大体、発症もしてないのに今あんな危険なワクチンを注射する必要ないんじゃないの?

 

と私は思うんです。

 

しっかりと情報をキャッチしてご自身の方向性を見据えて行動をされてください。

 

『〜に言われたから』

 

『まわりがやっているから』

 

風の時代でその立ち位置でいるととんでもないところに飛ばされちゃうかもしれませんよ(笑)

 

4月12日はいよいよ牡羊座の新月です。

 

2020年12月22日にグレートコンジャクションをして、

風の時代に入りましたが占星術の牡羊座の新月を迎えることで、

いよいよほんと〜にスタートすることになります。

 

いまだ絶好調の全天体順行中でもあります。

 

この先ドドぉ〜の展開がいろいろあるようです。

 

周りに流されずに一つ一つを着実にこなしていきましょう。

 

たみちゃん

上に戻る