桃の節句と自分らしさの関係<うちに秘めた本当の自分と繋がる> 

今日はひな祭りの3月3日ですね。

 

みなさまこの度はおめでとうございます。

 

今回は、桃の節句そして自分らしさについて書いてみたいと思います。

 

 

ひな祭りの起源について

ひな祭りの行われる3月3日は、

【上巳の節句】【桃の節句】とも言われています。

 

旧暦では、4月3日頃になりまして、

地域によっては、今も4月に行われている所もあります。

 

ご存知の通り、女児の成長を祝い喜び、末長い幸福を祈る意味で行います。

 

ちなみに中国では桃は邪気を祓うとも言われていて、

魔除けとしてお飾りをしたりしています。

 

かつては、邪気を振り払うことや魔除けをする意味合いから、

川に人形(ひとかた)を流したりした風習がありました。

 

雛人形を飾るのは、その風習と桃の節句が合わさって、

今のような雛人形を飾る流れになったようです。

 

節句とは陰と陽の融合

3月3日のひな祭りは、上巳(桃)の節句とも言われています。

 

ちなみに、節句という考えは中国で生まれました。

中国で生まれた「節句」という考えが日本に伝わったのは奈良時代のころです。

 

中国の陰陽道では、1、3、5、7、9の奇数を「陽」の時期と考えていました。

 

そして、同じの陽の数字が重なるときには、

強い陽とともに強い陰を創り出すとして、

お祓いをしていました。

 

そのため、

1月1日(元旦)

3月3日(上巳)

5月5日(端午)

7月7日(七夕)

9月9日(重陽)

には良くないことが起きないように、

身を清め、お供えをして、邪気ばらいを行ったのです。

 

それが、日本の朝廷で五節日として年中行事になりました。

 

日本で行事として行ううちに、邪気を払う過程の中で、

お祭りごとをするようになったのです。

 

『穢れを払う』ことと『生きている歓びを感じる』ことが、

日本古来では一体化していったんですね。

 

中国では、強い陽には強い陰が伴うと嫌われていましたが、

日本では、陰と陽を一体化させていくイベントとして定着していきました。

 

ひな祭りと桃の節句

そして、その後、ひな祭りの上巳の節句には、

水辺で禊ぎをして、宴会をする風習が定着して、

朝廷では『曲水の宴』として華々しく行われていたそうです。

 

当時の上巳の節句の頃には桃の花が満開で、

桃は浄化の作用があると思われていて、

桃の節句と言われるようになりました。

 

最初は紙のような人形だったのが、

今のような、ひな祭りの形態になったのは、

江戸時代、徳川吉宗の将軍時代以降と言われています。

 

なので、ひな祭りの時には、

お祝い、生きる歓びの意味合いとともに、

旧来からのすべてを祓って、穢れや災いが起きない

という神事的な意識を持たれるのもオススメです。

 

桃の節句に込められた想い<桃の花の起源と女性性・天下無敵>

桃の花が持っている花言葉は、

『あなたに夢中』『チャーミング』『気立ての良さ』『天下無敵』などの意味があります。

桃は、可愛らしい花と匂い、そして木の幹にたくさんの実がなります。

美しく可愛らしくそしてたくましく多くの子供を産み育てている女性のイメージをしていただければと思います。

 

更に、美しいお花がしっかりと幹に大地に根付いていて、

女性らしさの中にもどっしりとした芯の通った力強さがあることから、

このような花言葉になったそうです。

 

そして、その可憐なイメージと対比して、、、、天下無敵?

イメージつかないかもしれません(笑)

 

美しさとともに包容力と受容性を兼ね備えていて、

しっかりとグランディングしていて、

不幸や災いを祓う。

そんな存在が桃です。

 

美しく、可憐で、凛としていて、清楚で、

包容力があり、受容力があり、

共鳴力があり、共感力があり、

芯がしっかりしてて、

グランディングをしている。

 

芯がしっかりしているので、祓う事もできるのですね。

 

女子力アップとか、

日本で考えられていた女性性とは、

今、巷で言われているような女性性とは、

ちょっとイメージが違うかもしれません。

 

ちなみに、桃は、不老長寿の薬として優れた薬効と厄除けのパワーがあって、

日本の古文書でも登場しています。

 

古事記では、伊邪那美命は、邪気払いの桃を投げて、

鬼を退散させたと書かれていますし、

桃太郎は、そのパワーから生まれたといってもいいでしょう。

 

『桃から生まれた桃太ろぉ〜!』

 

天下無敵なんです(笑)

 

この桃の節句では、あなたがどれだけ天下無敵なのか・・・・・

あらためて意識してみるのもいいかと思います(^^)

 

初心に返って、桃の自分自身を想い出そう!

さて、話はちょっと変わりますが・・・・・

あなた自身はこの桃の無限の力を秘めています。

 

女の子であろうと男の子であろうと関係ありません。

 

その無限の力を思い出すのに、

3月3日の桃の節句はとてもいい日なんです。

 

桃とは、あなた自身の美しさの象徴です。

なんでも出来る無限の力を秘めています。

 

セッションでいろいろなご相談を頂きます。

それはもちろん人それぞれです。

 

自分のやりたい事がよくわからない

自分の使命を生きたいのだけど使命がわからない

自分に目覚めるってどんな感じなのか?

理想のパートナーと出会いたい

結婚生活がうまくいかない

職場との人間関係をなんとかしたい

天職を見つけたい

お金を稼ぎたい

人間関係でのトラブルが多い

金銭関係でのトラブルが多い

 

などなど・・・・・・

 

お読みになっている方も少なからず当てはまることはあるかと思います。

 

ぶっちゃけ言っちゃいますと・・・・・

 

これらの大半の悩みの根元は一緒

 

だったりします。

 

まぁ〜その根元・大元は、

 

簡単にいうと・・・・・

 

あなた自身

 

です。

 

みなさん、様々な悩みをお持ちですが・・・・・

同じような状況に陥っても、すいすいクリアできるかたもいらっしゃいます。

なかなか抜けられないかたもいらっしゃいます。

 

この差は何なんでしょうか?

 

いつもパートナーシップや親子関係や仕事の人間関係などに

問題を抱えてる人は事象として現れているだけで、

その根本原因はもっと深いところにあります。

 

目の前に現れている現象は、

あなたの潜在意識が起こしています。

 

そうです。

 

根本的な原因はあなた自身なのです

 

言い換えると・・・・・

 

あなたの『桃』がまだ目覚めていないのかもしれません。

 

まとめ<あなたの源を目覚めさせるには>

 

そのあなたの源と繋がれない原因を掘り起こしていくと、

様々なものがありますが、

大元にあるのは、 

 

存在に対する否定

自分を愛せない

自己価値が低い

自信がない

信頼できない

などなど・・・

 

逆に言うと、そこを解決しない限り、

いつまでたっても堂々巡りをします。

 

だって根本的なことは何一つ解決されていないんだもん。

そして、やっぱりずっと悩むことになります。

 

それって、、、、、どう思いますか?

 

幸せになりたくないでしょうか?

 

あなたがもしあなたの人生を

素敵に愉快に楽しくハッピーな人生にしたい

のなら

 

『あなたの源『桃』を目覚めさせる』

 

あなたがあなたと繋がること

 

あなたの素晴らしさをあなたが実感すること

 

が大切です。

 

なんか抽象的になっちゃったんで、

言い換えるとですね・・・・・

 

よくクライアントさんにお話するんですが、

 

『あなたが自分自身と幸せな結婚をする』

 

あなた自身の素晴らしさを実感して

あなたと幸せな結婚をする。

 

ってイメージできるでしょうか?

 

あなた自身以上に、あなたの事がわかる人はいません。

 

あなた自身以上に、あなたを愛することはできません。

 

死ぬまで、いつも寄り添っていてくれる人って、

あなただけなんです。

 

でも、それを忘れて、あなたの外側に求めていきます。

自分自身をもっと大切にしてくれる存在を探していきます。

自分自身に喜びを与えてくれる存在を探していきます。

 

自分を観ないで、自分をおいて・・・・・・・

 

自分自身を自分が大切にしていないのに、

大切にしてくれる存在を探します。

 

なぜか?

 

自分自身が自分自身を大切にしてないからです。

大切にしてくれる存在を探しているんですね。

 

で・・・・・一方で、潜在意識は、

『自分の事を大切にしていない』

という事を顕在化させます。

 

まさしく堂々巡りですね(笑)

 

自分って、死ぬまでいつも一緒にいてくれる

たった一人の存在じゃないですか。

 

親だって子供だってパートナーだって

死ぬまでずーーーっと一緒にいてくれるとは限りませんよね。

 

あなた自身って・・・・・

あなたにとって、とーても大切な存在なんです。

 

その世界で一番大切な相手と愛し合えなかったら

他人と愛し合うのはちょっと難しいんじゃないでしょうか。

 

『自分を愛するんです』

『ありのままの自分に自信を持ってください』

『あなたはそもそも素晴らしいんです』

 

そう言っている人、書かれた本はたくさんあるけど

聞いただけ、読んだだけでは・・・変われないですよね?

 

あなた自身を愛せない理由、

こうなれば自分を信頼できる

こうなれば自信が持てる

こうしたら、自分のことを好きになれる条件とか・・・・・

 

○○になれば自信が持てる

○○になったら自分が好きになれる 

 

実は、私は、若かりし頃はそうでした。

 

『今はこうだから、こうなったら、チャレンジしてみよう』

 

結局、それは訪れませんでした(笑)

 

そう、それって、一生訪れないんです。

 

そう、実は、その条件ずけの愛とか信頼とか意味ないんです。

 

自分自身の根本と向き合っていないから・・・・・

 

その自信や愛は条件付けだから・・・・・

 

私は痩せたら自信が持てる。自分が好きになれる。

成功して、地位があるから自身を持てる。自分が好きになれる。

お金を持っているから自分が好きになれる。

 

その自信や愛は、その条件がなければなくなってしまうもの。

まやかしです。

 

そもそも、愛とは信頼とは自信とは根拠がないものです。

 

その状態を作り出すのが、

あなたの内面からの、実感であり、確信です。

 

そう『桃』があるって、『桃源郷』が自分にあるって、

実感することなんです。

 

または、まずは、そうであると決めることと言ってもいいでしょう。

 

私には、『桃』がある、『きびだんご』がある。(笑)

 

あなたの中には、愛と信頼が満ち溢れています💕

 

それを確信している状態を自信と言います💖

 

それを知覚して実感して確信できるツールとなるのが、

感覚であり、意識であり、周波数です。

 

それを私は、人生の軸と呼んでいます。

 

今回のひな祭りは、あなたの素晴らしさを再確認する素晴らしい1日です。

 

ぜひ、素敵な1日をお過ごしくださいね💕

 

加藤よしひろ&たみ

 

 

この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

この記事を書いた人

tami3ニックネームは「たみちゃん」「たみ」と呼ばれています。

自分を癒して、自己成長を目指していく過程で、ある時にいきなりおねえさん言葉を連発するようになり、それが自分の中で抑圧をしていた女性性だと知る。

その女性性の名前がたみちゃん(ちなみに、男性性はやっさん)。
それ以来、女性性・男性性というものがどのようなものかを探求していく過程で、今の独自のセッションスタイルを構築。

男性性と女性性両面を持った男性ヒーラーとして活躍中。

» 続きはこちら

コメントのご入力はこちら

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

上に戻る